2017年5月14日日曜日

2017年3月11日12日 双葉大熊ダイアログセミナーご報告 Report of Futaba-Ohkuma Dialogue Seminar on 11-12 March 2017

1日目(3月11日)/ First Day (11 March)


  1日目は、地元の方のご案内で、双葉町内を立入見学いたしました。現在、双葉町は大部分が帰還困難区域となっており、立入を制限されています。今回は、地元の方のご協力があって、双葉町に許可をいただき、ご自宅と町内を見学することが可能となりました。
  On the first day, we visited around Futaba Town guided by local residents. Currently, most area of Futaba Town is designated as Difficult-to-Return Zone and restricted to enter. This time we have obtained approval from Futaba Town with local residents' support so we were able to visit home and neighborhood.

  スクリーニング場を経由し、最初のご案内いただいたのは、東京電力福島第一原子力発電所から北西に約1.5km地点にある、細谷地区の個人のお宅です。
  Through a screening site, first of all, we were guided to a resident's house in Hosoya District, located in 1.5 km northwest from TEPCO Fukushima Daiichi NPP.
東京電力福島第一原子力発電所が見えます。
TEPCO Fukushima Daiichi NPP is seen in the distance.
  バスから下車をし、ご案内者の方の敷地内は撮影をしてよいというご説明で、可能な範囲を確認したところ、「その向こうに見えるネットから、そのずっと向こうのハウスがあるところまで」と言われ、要するに、その場で視界が届くだいたいの範囲内の広い土地を所有されていたとのことでした。
  Getting off the bus, the guide allowed to take photos within the premises. I asked him where is the boundary and he replied: "From the net over there to the greenhouse far away there". In short, he owns a large area approximately within the sight there.

  事故が起きるまでは、こんなに原発が近くにあると意識していなかった、と言われる案内者さんから、事故が起きた当日の様子もお伺いしました。
  He told a story of the day the accident occurred, remembering that he had not been well conscious how the NPP is located such close until the accident occurred.

  その後、ご自宅の庭で、ご用意いただいていた事故前のきれいに整えられていた頃のお庭の写真と比較しながら、説明を受けました。
  Then, he explained the situation in his garden, comparing to a photo which he had prepared to show how the garden was used to be, well-arranged, before the accident.
娘さんが成人式の時にお庭で撮った写真。同じ場所が、今はすっかり荒れてしまっています。
The photo had been taken in the garden on his daughter's coming-of-age ceremony. The same place has been gone to ruin.
  ご自宅の内部は、とても人の住んでいた場所とは思えないほど、散らかっていました。地震の時に荷物が散乱したそのままなのかと思いましたが、そうではなく、避難後、イノシシなどの獣が、食べ物を求めて扉をこじ開けて入り、見る影もなく荒らしてしまったのだそうです。
  In his house, it was so littered and strewn, hard to imagine it had been a living place. At first sight, I thought it was just left untouched after the earthquake had scattered stuff, but it was not: After the evacuation, animals like wild boars had broken the doors open for foods and they had messed up having no trace left.

  ご自宅は、材にこだわり、ひとつひとつ自分で足を運んで選んで建てたこだわりの住宅だったとのことです。
  He told that he had built the house with his own attentive selection of materials, visiting each site of source one by one.

  事故当時、ちょうど身上をお子さん夫婦に譲って、自分はのんびり暮らそうと思っていた矢先の事故だったそうです。これまでの人生で築き上げたものすべてを失い、一時は、鬱になり、大好きだったお酒が飲めなくなり、自殺も考えたと仰っていました。しかし、震災の時に生まれたばかりだったお孫さんが、避難先でハイハイをする姿を見て、自分が死ぬわけにはいかない、と気づかれたそうです。今は、前を向いて行くしかないべ、と何度も繰り返されていました。
  When the accident had occurred, he was just going to retire and cede the estate to his son’s family, dreaming of an easy life. He had lost everything built up in his life thus far, he told that he once had become depressed, incapable of drinking liquor even though he had loved to, and sometimes he imagined committing suicide. However, seeing his grandchild began to crawl who was just a newborn baby when the disaster happened, he said he noticed that he should not die. He repeated several times that he should go forward now.

  母屋の脇には、大きな納屋もあり、農業を熱心にされていたことが察せられます。
  At the adjacent to the main house, there was a large barn, suggesting he was an eager farmer.

 こちらのお宅は、中間貯蔵施設予定地になっており、やがて取り壊されることが決まっているとのことでした。
  The premises of the house is in the planned area of an intermediate storage facility, and it is said that the house is destinated to be demolished soon.


  午後は、三字地区をご案内いただきました。まずは目迫観音にお邪魔しました。震災前は、ここで祭典なども開かれていたとのことです。周辺は、東京電力福島復興本社双葉町グループの方が、この日のために草刈りなどをしてくださっていました。おかげさまで、大過なく見学することができました。
  In the afternoon, we were guided to San-aza District. At first, we visited Mesaku Kannon Temple. It is said festivals had been held here before the disaster. Around the temple, it was mowed and cleaned for this day by the members of TEPCO Fukushima Revitalization Headquarters Futaba Town group. Thanks to them, we were able to visit there smoothly.

  観音堂の向かいには、地区の墓地が見えます。訪れた日は、震災の忌日でありましたので、お墓参りにいらしている方の姿も見えました。
  There is a public cemetery on the opposite side of the temple. The day we visited there was the anniversary day of the earthquake, so there were some people visiting graves.

  次に訪れたのは、前田公民館と三字公民館です。
  Then we visited Maeda and San-aza community centers.

  公民館の中には、各種賞状や行事の時に使われた太鼓などもそのままに残されており、地区での行事が盛んだった様子が伺われました。年に一度、初午の時には、ここで地区の皆さんの手によるお祭りが開かれていたとのことでした。
  In the community centers, many things, e.g. kinds of honorary certificates and drums which had used on activities, were left as they were, indicating the community events had been actively held. Once a year, on occasion of Hatsu-Uma (February the seventh on the traditional calendar), it is said that festivals had been held by the people in the community.

 境内には、樹齢千年を超える前田の大杉があります。浜通りでは、もっとも古い杉になるとのことです。
  In the precincts of Maeda Inari Shrine, Maeda-no-Osugi (the great cedar of Maeda) proudly stands on the ground, being over one thousand years old. It is said this is the oldest cedar in Hamadori.

  帰路、双葉駅前の特定復興拠点予定地前を通りました。予定地は、除染等も行われたようで、整備されている様子です。しかし、一方でここ以外は、震災時に傷んだ家屋が、経年劣化も加わって倒壊寸前になっているような状態も多く見受けられました。
  On the way back, we passed in front of the planned site of Special Reconstruction Hub just next to Futaba station. It seems the planned site has been decontaminated and well-developed. However, besides here, it was observed that many houses damaged by the earthquake were almost collapsed aggravated by deterioration.


2日目(3月12日)/ Second Day (12 March)


  2日目は、楢葉町のあおぞら子供園の遊戯室をお借りして、ダイアログを行いました。
  On the second day, we had the Dialogue at the playroom of Aozora Nursery School in Naraha Town.

  楢葉町のあおぞら子供園は、この4月から再開されて、子供たちが戻ってきていますが、再開直前のタイミングでお借りすることができました。
  This nursery school has reopened from this April and children are back. Through the courtesy of them, we could use the venue just before the reopening.

  午前中は、前日の立入見学の様子を、写真を紹介しながら振り返ったあと、発表者による発表が行われました。
  In the morning, we looked back on the tour on the previous day introducing some photos, then presentations were held by attendees.

  まずは、双葉町の概況について、双葉町復興推進課から、双葉町の震災時から震災後の状況、そして、今後の復興計画についてご発表いただきました。
  At first, a presentation on the general situation of Futaba Town was given from Recovery Promotion Section of Futaba Town, on how the situation developed from the beginning of the disaster, and the reconstruction plan in the future.

  プログラムにはありませんでしたが、細谷地区の行政区長・大橋庸一さんから、震災後の経験についてお話しいただきました。ご苦労の経験のお話しの後、最後は、自分たちの祖先は、江戸時代の天明・天保の飢饉の時に、新潟から双葉に移り住んできた。先祖がそうやって苦労を乗り切ってきたのだから、自分たちにもできると思っている、とお話しを締めくくられました。
  Although not listed on the program, then Mr Yoichi Ohashi, who is the headman of Hosoya District, told his experience after the disaster. Following his story on his hardship, he concluded his speech mentioning that his ancestors had overcome difficulties migrating for Futaba from Niigata while the Great Famine of Tenmei and Tenpo in Edo period, so he told he believes we also can overcome this hardship.

  ついで、大熊・双葉両町での線量測定について、東北大学の吉田浩子先生から。これまでに、避難区域の101軒の家屋を、1軒ずつ測定調査された経験についてお話しいただきました。
  Subsequently, Dr Hiroko Yoshida at Tohoku University presented about dose measurements in Ohkuma and Futaba Town. She told her experience on the one-by-one measurement of the individual houses (so far 101 houses) in the evacuation area.
  コーヒーブレイクをはさんで、30年中間貯蔵施設地権者会の門馬幸治さんから、地権者会の活動についてご発表いただきました。
  After a coffee break, Mr Koji Monma from Land Owners Association of 30-year Intermediate Storage Facilities explained about the activities of the association.
  その後、双葉町の半谷八重子さんから、双葉町で伝統的に伝わる双葉町女宝財踊りについてご発表いただきました。発表の冒頭に、映像による踊りの様子も上映され、そのユーモラスな動きに、会場も笑いに包まれました。震災後は、もうとても続けられないと思っていたけれど、踊りの伝承は、双葉のためにとても重要だから、とまわりの方からも励まされ、避難先にちりぢりになってしまった今も、続けられているそうです。ただ、この先、若い人たちにどのように伝えていくかと言った悩みは大きいと言われていました。
  In the next, Ms Yaeko Hangai from Futaba Town presented about Onna-Housai Odori, a traditional dance of Futaba Town. In the beginning of the presentation, a video of the dance was shown, and its humorous actions aroused laughter in the venue. She told that she had thought there is no chance to succeed the dance after the disaster, but people around encouraged her since it is so important to succeed the dance for Futaba, so she is keeping up the dance even the community is torn asunder to each place of refuge. However, she also told that it is a major worry how to succeed the dance to the younger generation in the future.

  午前中最後の発表は、三字行政区区長・千吉良高志さんに、三字地区の暮らしについて、初午のお祭りの時や、地域の花壇手入れの時などに撮影されたビデオを交えながらお話しいただきました。
  The final presentation in the morning was held by Mr Takashi Chigira, the headman of San-aza District, about the life in San-aza with an introductory video took on the Hatsu-Uma festival and on the community-wide gardening event.


  午後は、午前中の発表者の方に何名か加わって、ラウンドテーブルを囲んでのダイアログを行いました。
  In the afternoon, presenters of the morning sessions and some other participants held a Dialogue sitting around a round table.

  共通して皆さんがお話しされていたのは、震災後2〜3年は、どうすればいいかわからない状況で、鬱になられたということでした。自死を考えた、という方も複数いらっしゃいました。そんな中、周囲の助けも受けながら、なにかのきっかけによって、自分たちなりに前を進む糸口を見つけて、現在に至っている、とのことでした。避難先で積極的に交流を企画したり、自分たちはいつまでも避難者でいてはいけない、との前向きな声も聞かれました。それでも、「故郷はいいよ」という言葉も何度も出てきて、故郷への強い思いを抱きつつ、新しい生活先で前を向こうとされている様子が伺われました
  They commonly narrated that they had become depressed for a few years after the disaster, being at a loss as to what to do. More than one people told they thought to commit suicide. They told, however, even in such situations, each one discovers clues to move forward up to today, finding some kind of chance and supports from people around. For instance, by actively planning gatherings in each place of refuge, some positive voices were heard that they should not keep themselves to be evacuees forever. Even so, at the same time, words of love for hometown were frequently heard. It can be known how they are trying to be positive in their new living places, still keeping strong sympathyfor their hometown.

  今回、立入に入らせていただいた双葉町の細谷地区は中間貯蔵施設予定地になっていることもあり、その話題も何度も出ました。中間貯蔵施設の建設が、予定地になった人とそうでない人の間に、さらに亀裂を生じ、環境省との交渉などによる悩みが増え、さらなる心理的負担を生んでいる状況が見えました。反対しているわけではない、という声が多かった一方、納得できなければ契約はしない、と言われる方もありました。予定地となっている自分の土地をどのようにご両親が苦労して手に入れたのかという詳細なエピソードも語られました。
  Hosoya District of Futaba Town, where this time we have visited, is going to accommodate an intermediate storage facility, so this issue also arose repeatedly. It was found that the construction of the intermediate storage facility deepens the split between the people whose land is assigned to the facility and the others, and also it creates further mental burden from the negotiation with Ministry of the Environment and so on. Many said that they are not against for that, on the other hand, some told that he won't sign up unless he himself is convinced. A detailed episode was also narrated that how the land, which is one's own and is designated to the facility site, had been acquired by his parents with great efforts.

  会場からの質問の時間に、フランス人から「中間貯蔵施設予定地の建設が、被災者のみなさんのさらなる苦悩となっていることがわかった。もう既に皆さんは被災者で苦労されているのだから、他の場所に中間貯蔵施設を作るという選択肢はなかったのか?」という質問があった際に、テーブルに座っている方一同が大きく頷いていたことが非常に印象的でした。反対するというわけではない、けれど、という複雑な思いがよく見えた瞬間であったように思います。
  In the Q&A session, a French attendee raised his question. "Now I know that the construction of the intermediate storage facilities is bringing further burden for whom be suffered from the disaster. Since you already have had a hard time being suffered, did not you consider an option that to build the facilities in other places?" It was a very impressive moment to see the every attendee around the table strongly nodded hearing that question, seems that having complex thoughts that they are not that against necessarily, however still not convinced.

  初日に双葉町内の立入見学をしたことについて、こんな風に見に来て欲しかった、もっともっと見に来て欲しい、と言う発言もありました。
  About the tour around Futaba Town on the first day, there was also a voice that has wanted to come to visit in such a way and want to come more and more.

  また、ダイアログのテーブルには、飯舘村の方にもついていただきました。今回、双葉町内の立入見学にも参加されましたが、「私達のフレコンバッグがどういうところに行くのか、それを確認するために、今回、私は参加させて貰いました」と言われた言葉も印象に強く残っています。
  Besides, there were words which left an impression from an attendee from Iitate Village, who we invited to sit at the Dialogue table and also to join the tour around Futaba Town: "This time, I came join here to confirm that where our flexible containers will eventually go to."

  最後に、ICRP委員長のクレア・カズンズさんから、立入受入への謝意とダイアログでお話しを伺ったことへの感想をお話しされました。住民の方たちが直面してきて、そして現在も直面している困難な状況、そんな中、多くの努力をして向き合われていることへの敬意など、ダイアログの様子に耳を傾けてくださっていたことがよくわかりました。
  Lastly, Dr Claire Cousins, the chair of ICRP, expressed her gratitude for receiving the visit tour and told her impression on the discussion held at the Dialogue. We well learned that how she hearkened carefully to the tone of the Dialogue, from her respect for the people facing up squarely with great efforts to the difficult situation that had been in front of them and still stubbornly is.

  実行委員会の代表として、安東からもご挨拶を申し上げました。
  On behalf of the organizing committee, Ando also made a closing remark.

  今回の、双葉・大熊ダイアログの開催は、これまでのダイアログセミナーの中でも、大きなターニングポイントであったと思っています。これまでのダイアログセミナーは、関わる人たちの信頼関係に基づいて開かれてきました。参加者をただ集めて、形だけの会を開くのではなく、相互の信頼に基づき、その信頼をさらにつなぐ、それがダイアログセミナーという場の価値であったと思っています。一方で、これまでのダイアログセミナーは、震災後いち早く復興に向けて立ち上がった、言わば、福島の復興のトップランナーが主たる参加者として支えてきたものであったと思います。福島の復興を、この地に根付いてしっかり支えてきた人たち、そうした人たちをより応援する場がこれまでのダイアログセミナーでした。
  We think that holding this Futaba-Ohkuma Dialogue was a major turning point along with the Dialogues held so far. The Dialogues have been held through the relationship of mutual trust between the stakeholders. We believe that the intrinsic value of the Dialogue has been raised not by gathering attendees and holding a perfunctory meeting, but by creating further links of the relationships based on the mutual trust. On the other hand, in the past, the Dialogue seminar had been supported mainly by, in a sense, top-runners of the rehabilitation of Fukushima, who helped themselves earlier than others after the disaster. The place to assist the people further who strongly supports Fukushima rehabilitation by taking root on their own ground; this has been the Dialogue seminar so far held.

  今回もこれまで同様、東北大学の吉田先生が作り上げた信頼に基づいて、それをさらにつなげて開くことができました。一方、双葉・大熊町は、帰還困難区域が大部分を占め、しかも、中間貯蔵施設予定地という、先の目処が見えない方たちが多くいらっしゃる地域です。ここでも、困難な現実に直面しつつ、生活を立て直そうと懸命の努力されている方たちがいます。今年の4月に避難指示が解除された地域の復興も、いま、スタートしたばかりです。こうした地域の人たちは、いわば、復興のスロースターターです。
  As same as it has been, the Dialogue this time we held was based on the relationships of mutual trust built by Dr Yoshida at Tohoku University, and we could link them together. On the other hand, the most area of Futaba and Ohkuma Town is designated as Difficult-to-Return Zone, and many people in this area are involved with the intermediate storage facilities. Such situations create a foggy atmosphere for the people there. Still, here are people who are studiously struggling to rebuild one's lifestyle, even confronting difficult realities. The rehabilitation is also just in the beginning phase that in the area where the evacuation order was lifted in this April. People in these areas are, in a sense, slow-starters of the rehabilitation.

  今回のダイアログは、復興のトップランナーから、復興のスロースターターへリレーを繋ぐ、ささやかな、けれど大きな一歩でした。
  The Dialogue we held this time was the one that to pass batons from top-runners to slow-starters of the rehabilitation, being a small but also a major step forward.

  避難指示が解除された地域も、目処が立たない帰還困難区域も、まだまだ復興への道は長くかかります。今後も、信頼のバトンをつないで、復興のトップランナーのみならず、スロースターターも応援するダイアログセミナーであってくれることを心から願っています。
  The rehabilitation process will take a long time in the future, for both in the area where the evacuation order has lifted and in the Difficult-to-Return Zone that having no prospect. We genuinely hope that the Dialogue seminar continues to relay the baton of the trust and to assist not only top-runners but also slow-starters of the rehabilitation.

  今回ほど、被災者の声に、真摯に耳を傾けようとする人たちが集うダイアログセミナーが継続している価値が示されたことはなかったように思います。
  We believe this time was the most prominent moment showing the value of the continuous relay of the Dialogue seminar, which is the place where people gather who sincerely listen to the voices of the people in the affected area.

  最後になりましたが、震災から6年が経過し支援が薄くなる中、今回も変わらぬあたたかいご支援を下さいました日本財団には、実行委員会としてだけでなく、被災地福島の住民の一人としても、心から感謝申し上げます。
  Finally, we would like to express our sincere gratitude to Nippon Foundation, which has given continuous warm support for us even while assistances are becoming feeble after six years have passed since the disaster, not only as the organizing committee but also as a resident in the affected land of Fukushima.

  また、立入にあたって快くご協力を下さいました双葉町の住民生活課、そして、復興推進課の皆さまもありがとうございました。福島県立医科大学、そして、毎回、遠く海外から足を運んでくださるCEPN、IRSN、OECD/NEA、ICRPの皆さまもありがとうございました。
  Furthermore, we cordially appreciate the help from the staff of Resident Life Section and Recovery Promotion Section of Futaba Town. We also offer our deepest thanks to Fukushima Medical University, and people from CEPN, IRSN, OECD/NEA and ICRP, coming so far from overseas every time.

文責:安東量子
Responsible for the article: Ryoko Ando

2017年2月16日木曜日

3月11日(土)、12(日) 双葉・大熊の住民の方たちとの現状を共有するダイアログ 開催のお知らせ Announce of the "Dialogue to share current situations of locals in Futaba and Ohkuma Towns", 11-12 March

 3月11日、12日の両日にかけて、
「双葉・大熊の住民の方たちとの現状を共有するダイアログ ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~」
を開催いたします。
 On 11-12 March,
the "Dialogue to share current situations of locals near Futaba and Ohkuma Towns -- Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP) --"
will be held.

 11日(土)は、双葉町内の立入見学となっておりますが、立入申請の手続きや移動の手配の関係上、関係者のみに限定しております。悪しからずご了承くださいませ。
 Futaba town field tour is scheduled on the first day, Saturday 11. Due to the process of the area entry authorization and moving arrangement, the visit will be limited to pre-registered participants. Please be understanding of this.

 12日(日)は、楢葉町あおぞらこども園の遊戯室を会場として、ダイアログを行います。こちらは一般公開となっておりますので、どなた様でもご自由にお越し下さい。最寄り駅は、常磐線竜田駅になります。
 On the second day, Sunday 12, the Dialogue will be held at Naraha Aozora Nursery School. On this day the Dialogue will be open to the public, so please feel free to join. The closest station is Tatsuta Station, Joban line.

 双葉、大熊両町の皆さまの現状共有の一助としていただくことが、主催の願いです。
 The organizers hope this will help share the current situations of the people of Futaba and Ohkuma Towns.

〈報道関係者の皆さまへ〉To the press:
 1日目の立入見学は、マスコミ同行不可との条件がついております。恐れ入りますが、1日目の同行取材はお受けできませんので、ご理解たまわりますようお願い申し上げます。
 Since hosts of the first-day tour do not accept accompanying mass media, we decline any request to cover the first-day tour.
 2日目のダイアログについては、取材自由となっておりますので、どなた様でもご自由にお越し下さい。
 The second-day Dialogue is open to the public and there is no restriction to the press.

「双葉・大熊の住民の方たちとの現状を共有するダイアログ ~国際放射線防護委員会(ICRP)の協力による対話の継続~」
Dialogue to share current situations of locals near Futaba and Ohkuma Towns -- Continuing the dialogue in cooperation with the International Commission on Radiological Protection (ICRP) --
    日時:2017年3月11日(土) 3月12日(日)
    Date: March 11th and 12th, 2017
    場所:3月11日(土) 双葉町内現地立入見学(関係者のみ)
       ※立入申請手続の必要上、1日目は関係者のみ見学となります。
       3月12日(日) 楢葉町あおぞらこども園遊戯室(一般公開・聴講自由)
    Venue: March 11 (Sat): Field tour in Futaba Town (pre-registered participants only)
                March 12 (Sun): Dialogue in Naraha Town (open to the public)
    主催:双葉大熊ダイアログ実行委員会
    Organized by Futaba-Ohkuma Dialogue Organizing Committee
    代表責任者:安東量子(福島のエートス)
    Responsible person: Ryoko Ando (Ethos in Fukushima)
    参加団体:福島県立医科大学、福島のエートス、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)、原子力防護評価センター(CEPN)、経済協力開発機構原子力機関(OECD/NEA)
    With the participation of Ethos in Fukushima, Institute for Radiological Protection and Nuclear Safety (IRSN), the Nuclear Protection Evaluation Centre (CEPN) and the OECD Nuclear Energy Agency (NEA)
    後援:日本財団、福島県立医科大学
    Supported by The Nippon Foundation, Fukushima Medical University (applying)
    同時通訳:株式会社ヒラノ
    Simultaneous translation by Hirano Co. Ltd.
    目的:2017年3月11日をもって、東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故から6年を迎えることとなる。その間、福島県内では、県内の大多数を占める居住地域、そして、浜通りを主とする避難指示解除を迎えた地域でインフラ面での復興は確実に進んでいる一方、帰還困難区域については、復興はおろか、将来像さえほとんど打ち出されていない状況にある。また、避難先にいる両町民の方たちがどのような問題に直面しているかということについても、一般に知られておらず、共有しづらい状況が続いている。現在、大熊・双葉町内には、中間貯蔵施設の建設計画が進められ、また5年後を目処に復興拠点が設けられることが決定されているが、それに対して両町民の方たちがどのよう思いを持っているかも、共有されているとはいいがたい。福島県のみならず、日本は、今後も長期に渡って、帰還困難区域の将来と中間貯蔵施設に向き合って行くこととなる。どのような未来が望ましいのか、望まれるのか、それを考える礎として、本ダイアログでは、まず、困難な状況に直面されている地元の方たちのお声を聞き、問題を共有化する機会としたい。
    Objective: March 11, 2017 marks the beginning of the seventh year since the Great East Japan Earthquake and Fukushima Daiichi nuclear power plant accident took place. Recovery, in terms of infrastructure in areas where people have been living, as well as areas people will soon be able to live, has progressed well. However, for difficult-to-return zones, recovery progress and plans for the future have been limited. The struggles felt in evacuation areas are not well known to the general public, and it has been difficult to share the evacuees’ experiences and issues during this time. Furthermore, the plan to build intermediate storage facilities in Ohkuma and Futaba Towns is moving forward, with reconstruction bases to be designated there in five years. It is hard to say that the viewpoints of people living in these places are widely shared across Japan. Japan as a whole not solely Fukushima Prefecture must be prepared to face the long-term consequences of both the difficult-to-return zones and the intermediate storage facilities. This dialogue will be an opportunity for locals to be heard, to voice their difficulties, and to establish a platform for further discussion regarding the kind of future that they desire.

    詳細は、以下のプログラムをご覧下さい。
    See the program below for the details.
    ※プログラムは、最終版ではありません。随時アップデートしたものに差し替えますので、ご注意下さい。
    (The program currently available is not the final version. We will keep it updated.)

    お問い合わせは、下記までお願いいたします。
    連絡先:福島のエートス ethos.fukushima@gmail.com
    Please contact us Ethos in Fukushima, ethos.fukushima@gmail.com, if you have any question.

2017年1月11日水曜日

2月12日 広島大学フェニックスリーダー育成プログラム「第6回国際シンポジウム」参加のお知らせ/Participation in The 6th International Symposium of Phoenix Leader Education Program at Hiroshima University

 2月11日12日にかけて、広島大学霞キャンパスにて開催される広島大学フェニックスリーダー育成プログラム
に、安東量子か参加いたします。
 Ryoko Ando, representative of Ethos in Fukushima, will participate in
of Hiroshima University Phoenix Leader Education Program, ――;which will be held on 11 - 12 February 2017 at Hiroshima University Kasumi campus.

 開催概要を、広島大学のサイトから引用いたします。
 Symposium outline (referred from Hiroshima University website):
福島原発災害後の復興にあたり、現在も国内外の多岐にわたる分野から、多くの支援と努力が続けられていますが、復興への道のりは緒に就いたばかりとも言えます。そこで、第6回を迎える本国際シンポジウムでは、福島の復興過程における「仲介者」の役割に注目し、研究者と地域社会とのギャップを埋めるための議論を行う予定です。
The people of Japan have made a concerted effort to the ongoing reconstruction of Fukushima along with the support of people from around the world. Despite these extensive efforts, it can be said that the reconstruction has just begun. The 6th International Symposium will focus on the role of the mediator during the Fukushima recovery process to bridge the gap that exists between scientists and the local community.

 安東は、2月12日のシンポジウムの中で、
「原発事故後の共通の言葉をつくる ―いわき市末続地区の経験―」
のタイトルで15分の発表、その後のパネルディスカッションにパネリストとして参加する予定になっております。
 Ando will make a 15-minute presentation
"Forming Common Language after the NPP Accident -- from Experiences in Suetsugi District, Iwaki City --"
in the symposium on 12 February, and then will attend the panel discussion as a panelist.

 参加費は無料ですが、参加には事前申し込みが必要となっております。 広島大学のサイトからお申し込み下さい。
 Admission is free but prior registration is needed via Hiroshima University website.

 同時通訳がつく予定ときいております。
 We heard that simultaneous translation will be provided.


 福島県内から参加される他の発表者の皆さまも、私たちの活動に最初期からご協力いただいている福島県立医科大学の宮崎真先生をはじめ、震災からそれぞれの現場の第一線で向き合ってこられた方たちばかりです。西日本地域で、こうした福島の現場の声をお聞きいただけるのは非常に貴重な機会ではないかと思います。
 Other speakers from Fukushima prefecture, including Dr. Makoto Miyazaki at Fukushima Medical University who has been our advisor from very early days of our activities, are serving in the front line of their own stages from just after the disaster. We think this is a precious opportunity to be able to listen to such front-runners from Fukushima in western Japan.

 足をお運びいただけましたら幸いです。
 We would appreciate if you could come to the symposium.

ARPS2016での発表原稿とスライド/Manuscript and slides of ARPS 2016 presentation

 2016年9月に南オーストラリア州アデレードで開催されたARPS2016で、安東が発表した口演原稿とスライドを掲載いたします。
 Here we post the manuscript and slides of the presentation made by Ando in ARPS 2016, which had been held in Adelaide, South Australia on September 2016.

 発表原稿は英語講演のままとなっております。

 本発表では、東京電力福島第一原子力事故後が住民生活にもたらした混乱、放射能汚染のみならず、政府によって定められた基準や制度が、その混乱をさらに大きくしてしまったことについて述べ、福島県いわき市末続地区における住民の自助努力による活動がどのようにその混乱を克服したか、またその限界について説明しました。さらに、2016年9月現在における福島県内の避難区域の現状について、特に政府の避難政策の面における問題点を指摘しています。現在、福島県内の避難指示は順次解除されており、規模は縮小されておりますが、依然として一部に避難指示は継続中であり、この後、さらに状況は変わっていくことは確実ですが、現在の状況分析の一助としていただけましたら幸いです。
 In this presentation, at first, we explained about the confusion of resident life which had been brought on by the TEPCO Fukushima Daiichi NPP accident, and the fact not only the radiation contamination but also government-established standards and regulations have aggravated that confusion. Then, we introduced how self-help activities by residents in Suetsugi district, Iwaki city, Fukushima prefecture overcame that confusion, and the limit of such activities. Furthermore, with some description of the current situation in the evacuation areas in Fukushima prefecture, we especially pointed problems in the evacuation policy by the Government. Now the evacuation orders in Fukushima prefecture has been lifted one by one, and their scale is becoming smaller. However, in certain areas the order is still active. The situation is still, and will be, fluid in the future, though, this presentation will help you to understand the current situation.

 本発表にあたりまして、スライド、原稿作成、そして発表にいたるまで、多大なるご協力をいただきました荒井多鶴子さんに心から感謝申し上げます。荒井さんのご協力なしには、とてもできませんでした。
 We are very grateful to Ms. Tazuko Arai for supporting the presentation, including preparation of the slides and manuscript. Without her great contribution, we couldn't have done it.

2017年1月8日日曜日

3月18日 東京大学 哲学構築シンポジウム 「あのときの、あれからの福島」参加のお知らせ

 3月18日(土)、東京大学文学部で開かれる
に、安東量子が発表者として参加いたします。
 発表タイトルは「福島で暮らす/暮らせる、暮らさない/暮らせないということ」で、30分を予定しています。
 東京電力福島第一原子力発電所事故以降、福島県内で暮らすことがどういうことだったのか、私の経験からお話ししたいと思っています。放射能とどのように向きあわねばならなかったのかということだけでなく、国によって定められた基準や区域指定が住民生活にどれほど大きな影響と混乱をもたらしたかということについても触れたいと思っています。
 他の発表者の皆さまも、事故後の福島県内の現実と第一線で向き合ってこられた方たちばかりですので、現地の実情を理解するための大きな一端になるかと思います。
 足をお運びいただけましたら幸いです。
    日時:2017年3月18日(土)午後1時~
    会場:東京大学文学部法文二号館一番大教室
    各提題30分、各コメント15分、その後ダイアログ

 主催の東京大学大学院人文社会系研究科・哲学研究室 一ノ瀬正樹先生のサイトから、概要(PDF)について、以下引用いたします。
 東日本大震災六年目を迎えて、改めて問題を再考し、「災害復興のための哲学構築」という私どもの科研費主題の進展を図る、という趣旨で、シンポジウム「あのときの、あれからの福島」を開催いたします。いまなお、さまざまな点で、福島の現状は、福島県外で誤解されておりますので、被災地復興という視点から、東京にてこうした集会を行う必要性が依然としてあると理解しています。実際、震災後も、熊本地震、鳥取地震と続き、いつまた、日本のどこにおいても、災害発生可能性があり、放射線が関わる災害の可能性も当然あります。そうした状況を踏まえ、近年最大の災害である東日本大震災そして福島第一原発事故について、もう一度振り返り、現在進行形の被害や誤解の解決、そして将来に向けての教訓を得ること、に関して、現地からの声も含めて、学術的かつ実効的な形で、方向性を模索してまいりたいと思っています。

2016年9月24日土曜日

10月1日2日「双葉地方におけるダイアログセミナー」開催のお知らせ/Announce of the dialogue ”The rehabilitation of living conditions in the Futaba region", 1-2 October

2016年10月1日・2日(土・日) 川内村 いわなの郷体験交流館にて、「双葉地方におけるダイアログセミナー」が開催されます。
On 1-2 October, ”The rehabilitation of living conditions in the Futaba region" will be held at Iwana-no-sato Community Center, Kawauchi village.

福島のエートスも参加いたします。
Ethos in Fukushima will participate in this dialogue.
1日午後、2日午前には、ワーキンググループセッションが開かれます。1日目午後は帰還について、2日目午前は、除染・廃棄物について議論する予定になっています。
Working group sessions will be held in the afternoon of the first day and in the morning of the second day. The main theme of the first-day session is returning home, and that of the second-day are decontamination and waste management.

川内、広野、楢葉、葛尾の双葉郡、あるいはそれ以外の避難指示が解除された各地域、そして、これから避難指示解除が予定されている各地域の皆さま方で、参加をご希望される方は、 ethos.fukushima@gmail.com までお知らせ下さい。
If you are from Futaba region or from the other areas that the evacuation order has lifted or planned to be lifted, and if you want to participate the dialogue, please contact to ethos.fukushima@gmail.com.

一般の方の参加を歓迎いたします。
We welcome the participation of those who are the general public.

2016年9月19日月曜日

飯舘村の今を、見る、聞く、話す、語りあう、未来をともに考える/To see, listen, talk and discuss the present of Iitate Village and think the future together

東京電力福島第一原発事故で全村が避難区域に指定された飯舘村。2017年3月末の避難指示解除を控え、帰村準備を進める村人がいる。彼らは事故と避難で何を失い、何をふたたび取り戻そう願っているのか、そして、どんな未来を生み出そうとしているのか。
In Iitate Village, which its whole territory has been designated as the restricted area after the accident of TEPCO Fukushima Daiichi NPP, there are villagers who are preparing to return with the lift of the evacuation order planned on the end of March 2017. What they have lost in the accident and evacuation, and what they desire to reclaim again? What kind of future they are going to create?

飯舘村の今を、見る、聞く、話す、語りあう、未来をともに考える。
Let us see, listen, talk and discuss the present of Iitate Village and think the future together.

2016年7月9日(土)10日(日)の2日間にわたる飯舘村フォローアップダイアログセミナーの記録。
The two-day record of the Iitate Follow-up Dialogue Seminar held on 9-10 July 2016.


飯舘村フォローアップダイアログセミナー(14分47秒)

Follow-up Dialogue Seminar at Iitate-mura (14:47)


関連記事

2016年7月9日、10日 飯舘フォローアップダイアログセミナー/Iitate Follow-up Dialogue Seminar on 9-10 July 2016